いつか自分のお店を持ちたいと思うのは誰しも持つ夢です。今のお店では、我慢していることも自分のお店では実現出来ます。ではバーテンダーが独立・開業するのに必要なこととは何でしょうか。

独立開業のための資金

当然ながら開業には資金が必要となります。お店の保証金、店舗の家賃、内装・商品の仕入れ、器具の購入、従業員を雇うのであればその人件費などなど。規模が小さくてもそれなりの金額は必ずかかります。まずはしっかりとした計画性を持ち、独立準備を進めることが大切です。フランチャイズ契約、という選択肢もあります。ただ、こちらは毎月の売り上げの何パーセントかを本部に納めなくてはなりません。しかし、初期費用等をかなり抑えることができます。

必要な資格

バーを開くにあたっては、「飲食店営業」にあたるので開業のために、保健所から食品衛生法に基づく営業許可をもらわなくてはなりません。また食品衛生責任者の資格が必要です。飲食店の開業に必要な保健所の営業許可ですが、開業後の食中毒などを防止するために設定されているため、食品衛生法によって設けられた施設基準を満たすことが必要です。

手続き

保健所に「食品営業の許可申請」するだけです。食品衛生責任者の資格は調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格を有している人のことを指します。しかしご安心を。この資格がなくても、保健所が実施する食品衛生責任者のために行っている講習会を受講すれば営業許可はおり、飲食店の開業は可能です。


実質上、上記の二点があればバーは開業できます。しかし、お客様にきていただき、自分の思い描くお店にしていくのにはこれだけでは足りません。やはり、お客様に来て頂く為のオリジナリティあふれたサービスの提供、アイディア、また様々な人脈を築くことが必要となります。お酒をメインに扱うバーは食べ物を扱う飲食店とはちがい、調理設備の初期費用が節約でき、無駄になって破棄してしまう食材が少なくロスする部分が少ない、などの利点もありますが、その分ライバル店も多く勝ち残るための経営術が必要となります。経営についても、スクールによってはコンサルティングをしてくれるスクールもあるようですのでスクールを頼るのも一つの手であると考えられます。

その他のおすすめな独立・開業

バーテンダーと同じくらいおすすめの、自分で出来る接客の仕事で、仲人というものがあります。こちらは婚活ビジネスで人気がありますが、やはりノウハウがないと難しいですよね。でもやってみたいという方は、結婚相談所の日本仲人連盟が、大手で信頼でき、おすすめです。一度、相談されてみるのもいいかもしれませんね。